名作ゲームどっとこむ 双截龍(ダブルドラゴン)(FC)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
双截龍(ダブルドラゴン)
ホーム > ゲーム通信簿 - ファミコン補完計画 > 双截龍(ダブルドラゴン)
 
ジャンル
アクション
メーカー
テクノスジャパン
機種
ファミコン
発売日
1988年4月8日
価格
5,800円
【FC】 双截龍
[FC] ダブルドラゴン 双截龍- クリア1/2 Double Dragon -Clear1/2
[FC] ダブルドラゴン 双截龍- クリア2/2 Double Dragon -Clear2/2
上へ

ダブルドラゴン(DOUBLE DRAGON)シリーズは、テクノスジャパンから発売されたビデオゲームのシリーズ名。漢字表記は『双截龍』。

ダブルドラゴン
アーケード版の一作目は1987年発売。前年の同社ヒット作『熱血硬派くにおくん』の正統後継作として誕生し、ビデオゲームにおいてベルトスクロールアクションゲームというジャンルを確立させた本作はブルース・リーを愛する開発者たちによって作られた。
シリーズ名の『ダブルドラゴン』は、2人の主人公であるビリー・リーとジミー・リーの兄弟のことを指す。リー兄弟が使う「双截拳(そうせつけん)」の代表技は、空中で360度以上の軸回転をしながら周囲の敵を蹴る「龍尾嵐風脚」。ただし、初代版ではこの技は使用できない。
テクノスジャパンを代表する作品の一つであり、敵を殴ったときの爽快感、そしてタイトル画面とラストステージで流れる「ダブルドラゴンのテーマ」は非常に人気が高い。同社のファミコン作品である『ダウンタウン熱血物語』でリー兄弟をモチーフにした敵キャラクターの服部竜一&竜二が登場する際はアレンジ版の「ダブルドラゴンのテーマ」を流している。
一作目のバックストーリーは、功夫の道場を営むリー兄弟が暴力組織「ブラック・ウォリアーズ」 に誘拐されたマリアンを救出するという王道的なものになっている。

ファミコン(1988年4月8日発売)とゲームボーイ(1990年7月20日発売)にも移植されたが、2人同時プレイとコンティニュー機能が削除されて、オリジナルの敵キャラクターに拳法家のチン・タイメイが登場する。しかもファミコン版では戦い方によって使用できる技の数が増えていくレベル制が導入された上に、ジミー・リーが最終ボスとして登場したり、2P対戦モードでリー兄弟以外のキャラクターが選べる(ただし同キャラクター戦のみ)など、業務用とは完全に別物になってしまった。

セガ・マークIII版
(1988年8月1日発売)では2人同時プレイが可能になり、ファミコン版より業務用に近い内容になっている。

Xbox360版(2007年5月9日発売)はXbox Live Arcadeにてダウンロード配信され、シリーズ初のオンライン協力プレイに加え、ユーザーのやり込み度がわかる実績システム、世界ランキングシステムに対応している。もちろんオフラインでの2人同時プレイも可能で、HD画質にも対応している。本作の移植は国内外で様々なゲーム機やPC等に行われたが、アーケード版の完全移植はその20年後に登場したXbox 360版が初である。

上へ
ダブルドラゴン ファミコンソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ダブルドラゴンシリーズ. (2010, 8月 22). Wikipedia, . Retrieved 9月 23, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%80%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA&oldid=33625842.
ブログパーツ