名作ゲームどっとこむ ドラえもん(FC)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
ドラえもん
ホーム > ゲーム通信簿 > ドラえもん
 
ジャンル
アクションシューティング
メーカー
ハドソン
機種
ファミコン
発売日
1986年12月12日
価格
5,500円
ファミコン ドラえもん / Doraemon in 12:59
Doraemon / ドラえもん ドラビアンナイト[PCエンジン]
ドラえもんのうた(女子十二楽坊版)
上へ

『ドラえもん』は、ハドソンから発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。

概要

日本国内で1986年12月12日に発売。漫画やアニメで広く知られた『ドラえもん』を題材としたキャラクターゲームである。発売本数は115万本を記録。
ゲームファンの間ではカセットの色から「白ドラ」と呼ばれる。これは原作となる漫画やアニメの他、後にエポック社から同じくファミコンで発売されたゲーム『ドラえもん ギガゾンビの逆襲』などと区別する目的で与えられた俗称である。
アニメーション映画『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』『ドラえもん のび太の大魔境』『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』の大長編ドラえもん3作品をモチーフとしたゲームである。
当時ファミコンブームに乗じて多数のキャラクターゲームが発売されたものの、原作とゲーム内容との不適合やゲーム内容の練り込み不足などの理由により、万人の支持を集めた作品は少数であった。そんな中、本作は人気キャラクターであるドラえもんの採用に加え、ゲーム上における世界観再現の成功や変化に富んだゲーム内容で、ファミリーコンピュータ初期から中期を代表する人気作品の1つとなった。
しかしバランスの取れた優良ゲームであると同時に、「ランダム性のあるワープ」など分かりづらい点も多く、クリアに要する技量レベルも、同じファミコンアクションゲームの代表作である『スーパーマリオブラザーズ』シリーズと比べると遥かに高かった。

ゲームシステム

このゲームは各作品を舞台とした3つのワールドに別れているが、ワールドごとにシステムがまったく異なり、各ワールドがそれぞれひとつの独立したゲームのようになっている。この形式は、翌年同社より発売されたゲーム『ミッキーマウス 不思議の国の大冒険』にも採り入れられた。
プレイヤーは、全てのワールドにおいてドラえもんを操作する。各ワールドを順に攻略し、仲間を救出することがゲームの目的となる。
ライフ制と残機制が採用されている。ライフが0になると1ミスとなって残り人数が減少し、残り人数が0のときにミスするとゲームオーバーになる。通常はゲームオーバーになると最初からやり直しになるが、裏技によるコンティニューが可能で、ゲームオーバーになった所から再開する。ライフはドラえもんの好物である「ドラやき」を取得することで回復する。
通常はワールド1から順に進行するが、裏技によりワールド2や3からスタートさせることも可能である。
裏技を使わずワールド1からスタートし、ゲームクリアを達成した場合、エンディングでスタッフロールを見る事が出来る。つまり、裏技を使わず自力で攻略したご褒美であり、本作が裏技を使う事を前提に製作されている事が窺える。

上へ
ドラえもん ファミコンソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ドラえもん (ファミコン). (2010, 2月 4). Wikipedia, . Retrieved 2月 21, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%89%E3%83%A9%E3%81%88%E3%82%82%E3%82%93_(%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%82%B3%E3%83%B3)&oldid=30361691.