名作ゲームどっとこむ

ディグダグ(FC)の動画とゲーム詳細


ゲーム動画
ディグダグ
ホーム > ゲーム通信簿 - ファミコン補完計画 > ディグダグ
 
ジャンル
アクション
メーカー
ナムコ
機種
ファミコン
発売日
1985年6月4日
価格
4,500円
[Famicom/NES] Dig Dug ディグダグ
Wiiバーチャルコンソールアーケード ディグダグ(DIGDUG)
ディグダグ(Famicom)
上へ

『ディグダグ』(DIGDUG)は、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が1982年3月に発売したアーケードゲームである。キャッチコピーは「戦略的穴掘りゲーム」。1985年にファミリーコンピュータへ移植されている他、学研よりLSIゲーム版も発売されている。ゲームセンターでは非常に人気があり、そのため「ジグザグ(ZIGZAG)」や「チクタク(TIKTUK)」などといった模造コピー品が現れ、訴訟になったことがある。

概要

縦型固定画面のゲームで、4方向レバーと1つのボタンを使用する。レバーを操作して主人公ディグダグを操作、移動先に地面があるときには掘りながら進んでいく。地中という設定ではあるがプレイヤーや敵キャラクターに重力の概念は存在せず(岩を除く)、地上に対して垂直に掘られた縦穴も難なく上がることが出来る。
ボタンは銛を打つのに使用する。敵は銛に当たると膨らみ、ボタンを続けて押すとだんだん大きく膨らむ。膨らませたまま放置すると、少しずつしぼんで元に戻る。連続して数回膨らませると破裂させて倒すことができ、深い地層で倒すと高得点となる。膨らまされた敵は身動きできなくなり、ディグダグが背後をすり抜けてもミスにならない。
時間が経つと効果音と共に敵のスピードがアップする。敵が残り一匹になると、撤退行動を取る(穴を掘るだけでも得点が増えるため、敵を一匹だけ残して、穴掘りで得点稼ぎすることを防ぐためと思われる)。画面上の敵を全て倒すか、敵が撤退すると面クリアとなる。アーケード版は255面をクリアすると次の面で既にモンスターに触れている状態から始まり、ラウンド開始と同時にミスとなる。残機が無くなるまでゲームオーバーを待つ事となり、その後にコンティニューすると1面から始まる。

上へ
ディグダグ ファミコンソフト ファミコンミニ ディグダグ GBAソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ




このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ディグダグ. (2010, October 23). In Wikipedia. Retrieved October 25, 2010, from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B0%E3%83%80%E3%82%B0&oldid=34621217
ブログパーツ