名作ゲームどっとこむ

ボンバーマン(FC)の動画、攻略本、サントラ、ゲーム詳細


ゲーム動画
ボンバーマン
ホーム > ゲーム通信簿 - ファミコン補完計画 > ボンバーマン
 
ジャンル
アクションゲーム
メーカー
ハドソン
機種
ファミコン
発売日
1985年12月19日
価格
4,900円
ボンバーマン 1面 動画
Bomberman
ボンバーマ 49面~ 動画
●~*ボンバーマン(今更)隠れキャラ映像+説明付き
上へ

『ボンバーマン』(BOMBER MAN)は、1985年12月19日にハドソンがファミリーコンピュータ(以下FC)用ソフトとして発売したアクションゲームである。

ストーリー

主人公のボンバーマンは、バンゲリング帝国の地下迷宮で爆弾を製造する仕事をしていた作業用ロボット。彼はこの毎日にうんざりしていた。ある日、彼は地上に脱出すれば人間になれるといううわさを聞く。ボンバーマンは人間になり自由を得るため、地上への脱出を決意した。

ゲームシステム

方向キーで移動し、Aボタンで爆弾を設置する。爆弾は一定時間で爆発し、十字に爆風が飛ぶ。また、あるアイテムを取った場合はBボタンで任意に爆弾を爆破することができる。
プレイヤーはボンバーマンを操作し、ソフトブロック(破壊可能なブロック。「レンガ」とも呼ばれる。)を爆弾で壊しつつ、ステージ上の敵を倒していく。ブロックの中には出口の扉とアイテムがひとつずつ隠されており、アイテムを取るとボンバーマンがパワーアップする。なお、出口やアイテムに爆風を当てるとそこから敵が大量に出現する。
ステージ上のすべての敵を爆風で倒して、出口の扉の上に立つとステージクリア。ステージをクリアするごとに、ボンバーマンの残機数が増える。
ステージには制限時間があり、開始と同時に画面左上のタイマーがカウントダウンを始める。これが0になると、ステージ全体に強力な敵(通常の敵と同じく倒すことはできる)が大量に出現する。
敵か爆弾の爆風に触れるとミスとなる。また爆弾は障害物としての判定も持っており、仕掛けた場所から動くと通り道が塞がれることになる(逆にこれを利用して敵の進路を塞ぐこともできる)。このため爆弾の設置に注意を払わないと、行き場の無いところに自ら入りこみ自爆することにもなりかねない。一度ミスすると一部のアイテムの効果がなくなってしまう。残機がなくなるとゲームオーバーだが、パスワードによるコンティニュー機能が搭載されている。

概要

8ビットパソコン用ゲーム『爆弾男』を基に家庭用にリメイクして発売したゲームソフト。そのため厳密には違うという見解もあるが、事実上はボンバーマンシリーズの第1作目である。FCロムカセット版は同社のFC版『バイナリィランド』と同日に発売されており、当時のテレビCMでも「バイナリィランドと同時発売」と強調されていた。

上へ
ボンバーマン
ファミコンソフト
ファミコンミニ ボンバーマン
GBAソフト
ボンバーマン ~月曜社 ボンバーマンマニアックス
ボンバーマン ザ ミュージック
攻略本
ボンバーマン ~月曜社
ボンバーマンマニアックス


サントラ

ボンバーマン ザ ミュージック
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ




このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ボンバーマン (ファミリーコンピュータ). (2010, 1月 9). Wikipedia, . Retrieved 1月 25, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3_(%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF)&oldid=29917702.
ブログパーツ