名作ゲームどっとこむ バトルトード(FC)の動画とゲーム詳細
ゲーム動画
バトルトード
ホーム > ファミコン補完計画 > バトルトード
 
ジャンル
アクション
メーカー
日本コンピュータシステム
機種
ファミコン
発売日
1991年12月20日
価格
6,500円
NES Battletoads 1play ALL (1/2) / バトルトード
NES Battletoads 1play ALL (2/2) / バトルトード
上へ

バトルトード (Battle Toads) は、カエルが主人公の横スクロールアクションゲーム。発売はTRADEWEST、アーケード版はELECTRONIC ARTS。開発はレア社。日本語版での発売元はメサイヤ。

概要
プレイヤーは二足歩行のカエル「ラッシュ」「ジッツ」「ピンプル」を操作してゲームを進める。シリーズによっては使えないキャラクターもいるが、ストーリーには3匹全員が関わっていることが多い。特筆すべき特徴としては、敵キャラクターを攻撃した際に手足が巨大化したり武器に変形したりするなどのダイナミックな演出で敵を倒す様子が視覚的にわかりやすく表現されていることである。例えばパンチなどの攻撃一つとっても、通常は単純に殴るだけなのに対して、とどめを刺すときは巨大化した拳で豪快に敵を吹き飛ばすようになる。反面、攻撃判定が厳しくほとんどの攻撃は多くの敵を一度に巻き込むことが難しい上、ダイナミックな動きは多くの隙を生むため、敵との間合いを計算した上で乱戦に巻き込まれることのないよう戦わなければならない。
また、攻撃は敵味方問わずダメージを与えられるのも大きな特徴である。2人同時モードなどは互いの攻撃でダメージを受けてしまうため、無闇な攻撃は相手プレイヤーの首を絞めることになる(シリーズによるが同士討ちを無効化するモードもある)。敵同士の攻撃でも同士討ちすることがあるため、多くの敵に囲まれたら巧みに誘導して潰しあいをさせるなどの工夫が必要となる。攻撃がヒットすることで上昇するスコア次第で残機(プレイヤーキャラクターのストック)を増やせることから、時には倒した敵をさらに攻撃してスコアを上乗せするテクニックも存在する。このように一見無駄とも思えるキャラクター一つ一つの行動に意味を持っているのだが、それもプレイヤーの攻撃が見た目に反して多くの敵を一度に攻撃できにくいからこそ成り立つゲーム性といえる。

上へ
バトルトード ファミコンソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
バトルトード. (2010, 6月 3). Wikipedia, . Retrieved 10月 1, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%89&oldid=32414303.
ブログパーツ