名作ゲームどっとこむ

アストロロボ・ササ(FC)の動画とゲーム詳細


ゲーム動画
アストロロボ・ササ
ホーム > ゲーム通信簿 - ファミコン補完計画 > アストロロボ・ササ
 
ジャンル
アクション・シューティング
メーカー
アスキー
機種
ファミコン
発売日
1985年8月9日
価格
5,500円(税抜)
アストロロボ・ササ / Astro Robo Sasaのゲーム動画
ファミコン アストロロボササ
FC アストロロボ・ササ : NANA 愛のテーマ
 
アストロロボ・ササの概要
プレイヤーは「SASA」を操作し、敵の妨害から身を守りながら各ステージにある「エネルギーパック」の回収を目指す。ファミコン版のみ2人同時プレイが可能で、プレイヤー2は別のキャラクター「NANA」を操作する。
SASAとNANAは、地上を歩く、手にしているビーム砲を利用し撃った時に生ずる反動で空を飛ぶといった行動が取れる。この「武器の反動を利用しての空間移動」がゲームの大きな特徴にもなっているのだが、慣れないうちはかなり難しい。
全16ステージ。ステージ1~9(草原、倉庫前、倉庫内)では重力が、ステージ10~12(海中)では浮力と潮の流れが働いている。空中移動の際には下降する力が、海中移動の際には上昇する力と横へと流される力が働くため、それらを考慮しながら弾を撃ち移動方向をコントロールする必要がある。ステージ13~15(宇宙空間)では一転して無重力になるが、実際には微弱な引力が横方向に働いている。ステージ16(同じく宇宙空間)では画面中央にブラックホールがあり、中央に向かい強力な引力が発生している。
各プレイヤーにはエネルギー量が設定されており、弾を撃つごとに微弱なエネルギーの消費を伴う。そのため、無駄撃ちが許されない。また、ステージ内にいる敵キャラクターからの攻撃を受けたり、障害物に激突したりするとエネルギーが大幅に減る。エネルギー量が0になると、そのプレイヤーはゲームオーバーとなる(残機制はない)。
ステージ内にあるエネルギーパックを1つ取るごとに、プレイヤーは一定量のエネルギーを補給できる(どちらか一方の時は100、2人揃っている時は250)。このエネルギーパックを全て回収するのが彼らの目的であり、回収に成功するとそのステージはクリアとなる。エネルギーパックは弾が当たると壊れてしまうので、回収には細心の注意を払う必要がある。誤って破壊してしまった場合でも一応クリアにはなるが、その分回復のチャンスを失うことになる。
2人同時プレイでは、自身のエネルギーのうちの100を相手プレイヤーに与えることが出来る。その際にはBボタンを使用する。
ファミコン版『アストロロボSASA』は、PAUSEを掛けた際に流れる音が単純なサウンドエフェクトではなくフルコーラスの音楽になっていた。PAUSE用に制作されたこの音楽に付いていた題名は「NANA愛のテーマ」。同梱の取扱説明書には楽譜や2番までの歌詞までもが印刷されており、制作者たちの力の入れ様が伝わる。この試みは非常に画期的だったが、「そこまでするのなら、なぜメインである各ステージ用のBGMに力を入れなかったのか」というその理由については未だ不明である。
アストロロボ・ササ ファミコンソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ




このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
アストロロボSASA. (2009, 4月 22). Wikipedia, . Retrieved 8月 13, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%AD%E3%83%9CSASA&oldid=25504638.
ブログパーツ