名作ゲームどっとこむ

けっきょく南極大冒険(FC)の動画、サントラ、ゲーム詳細


ゲーム動画
けっきょく南極大冒険
ホーム > ゲーム通信簿 - ファミコン補完計画 > けっきょく南極大冒険
 
ジャンル
アクションゲーム
メーカー
コナミ
機種
ファミコン
発売日
1985年4月22日
価格
4,500円(税抜)
けっきょく南極大冒険のゲーム動画
[Famicom/NES] Antarctic Adventure けっきょく南極大冒険
けっきょく南極大冒険の動画
MSX版 Konami Penguin Adventure (夢大陸アドベンチャー)
 

『けっきょく南極大冒険』(けっきょくなんきょくだいぼうけん)は、コナミ工業(現在のコナミデジタルエンタテインメント)のMSX用教育ソフト。1983年発売。のちに、ファミリーコンピュータ、携帯アプリに移植されたほか、ゲームボーイの『コナミGBコレクション』にも収録された。MSX版は『コナミアンティークスMSXコレクション』(プレイステーション、セガサターン、ゲームアーカイブス)に収録されたほか、i-revoで配信されている。ファミコン版は2007年8月7日からWiiのバーチャルコンソールで配信されている。
MSX版とFC版では、ゲーム画面でのタイトルが"Antarctic Adventure"と表示されている。
タイトルの由来は当時、大橋巨泉が出演していたコマーシャルで「結局、南極、放送局」というセリフからとったとされている。

解説

主人公のペンギンが南極大陸にある各国の基地群に決められた時間内に到達するのが目的。途中にアザラシやクレバス等の障害物が出現するが、いずれにせよ主人公が死ぬことはない(タイムアウトのみ)。道中では時折魚が飛び出してきてそれを集める事や、旗を回収することでスコアが上がる。ゲーム中のBGMはワルトトイフェル作曲の「スケーターズワルツ」。
内容の主な部分はアクションゲームであるが、実際には教育ソフトという位置づけで、発売時のキャッチフレーズは「I Love 地理」である。ゴール到着時には各国の国旗が揚がり、世界の国々と国旗を覚えてもらうという目的があったとされる。
ファミリーコンピュータ版からは光る旗を取った時のアイテムとして「ペギコプター」が追加され、一定時間プロペラを使って浮遊しながら移動する事が可能となっている。
ちなみに、このゲームの主人公であるペンギン(後にペン太と名づけられる)はMSX版初代『パロディウス』にも出演しているが、『パロディウスだ!』以降のシリーズに登場する「ペン太郎」はこのペンギン本人ではなく、本ゲームの主人公と続編の『夢大陸アドベンチャー』に登場するペン子との息子という設定になっている。
また、後にペン太を主人公に据えた『つりっ子ペン太』『ふうせんペン太』『いもほりペン太』というメダルゲーム、『ヒエヒエペン太』というプライズゲームが発売(稼動)された。

コナミアンティークスMSXコレクション
Vol.2 PSソフト
けっきょく南極大冒険
ファミコンソフト
コナミ・ゲーム・ミュージック1
サントラ
コナミ・ゲーム・ミュージック1
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ




このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
けっきょく南極大冒険. (2009, 7月 16). Wikipedia, . Retrieved 8月 20, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%81%91%E3%81%A3%E3%81%8D%E3%82%87%E3%81%8F%E5%8D%97%E6%A5%B5%E5%A4%A7%E5%86%92%E9%99%BA&oldid=26923243.
ブログパーツ