名作ゲームどっとこむ

10ヤードファイト(FC)の動画とゲーム詳細


ゲーム動画
10ヤードファイト
ホーム > ゲーム通信簿 - ファミコン補完計画 - アイレム > 10ヤードファイト
 
ジャンル
スポーツ
メーカー
アイレム
機種
ファミコン
発売日
1985年8月30日
価格
4,500円
FC 10ヤードファイト (ファミコンソフト)
10 Yard Fight - NES Gameplay
上へ

『10ヤードファイト』(10-Yard Fight)は、1983年にIREM(今のアイレムソフトウェアエンジニアリングないしアピエス)から発売されたテレビゲーム。アメリカンフットボールのルールをほとんど知らなくても楽しめるようになっていた。
1983年にアーケードゲームとして発売されたが、1985年にファミリーコンピュータ用ゲームソフトとしても移植され、電源を入れるとロムカセットの赤いLEDが点灯する。

ゲームシステム
攻撃側よりも守備側の方が動きが速いため、攻撃側は上手く立ち回って守備側の妨害を避けて行かねばならない。この時左右のラインを割ってしまうと攻撃は失敗となるので、左右のラインにも注意しながら守備側の妨害を避けてゆくこととなる。なおパスをして守備側の妨害を避ける手もあるが、パスをインターセプトされると20ヤード後退せねばならないというリスクがある(パスインコンプリートはゲームのシステム上発生しない)。また最終手段として強引に守備側の選手を振りほどく手もあるが、こちらの成功率はあまり高くない。
ともあれ、妨害によって攻撃回数4回以内に10ヤードを進むことが出来なければ、10ヤード後退せねばならない。
通常のアメリカンフットボールとは得点のシステムが異なっていて、本作で採用されている得点システムは次の通り。
ボールを持ってゴールラインを超える(タッチダウン)と、5000点。キックオフで蹴られたボールをそのままタッチダウン(キックオフリターンタッチダウン)すると10000点。
ボールを持ってゴールラインを超えて得点した後(ポイントアフタータッチダウン)、ボールを特定の範囲に蹴り込むことが出来れば、1500点(タッチダウンに成功すれば5000点)。
前方向へのパスが成功すれば、500点。
1st Downに成功すると、500点。(条件によっては、250点、150点、50点)
攻撃側がボールを持って一定距離を進む毎に、20点。
なお試合中は99990点を超えると表示上0点にリセットされた上で得点が加算されてゆくため、見かけ上0点でも100000点である場合もある。得点は99990点以上も加算され続けており、試合結果の表示では正確な得点が表示される。

上へ
10ヤードファイト ファミコンソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ




このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
10ヤードファイト. (2010, October 14). In Wikipedia. Retrieved December 2, 2010, from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=10%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%88&oldid=34480098
ブログパーツ