名作ゲームどっとこむ

ガンダム ザ・スリーディーバトル(3DS)の動画とゲーム詳細


ゲーム動画
ガンダム ザ・スリーディーバトル
ホーム > 3DS > ガンダムザ・スリーディーバトル
 
ジャンル
ガンダムアクション
メーカー
バンダイナムコゲームス
機種
ニンテンドー3DS
発売日
2011年3月24日
価格
6,090円
3DS ガンダム ザ・スリーディーバトル PV
上へ
『ガンダム ザ・スリーディーバトル』 (GUNDAM THE 3D BATTLE) は2011年3月24日に発売されたニンテンドー3DS用ソフト。開発はアートディンク、発売はバンダイナムコゲームス。
パッケージイラストは森下直親によるもので、ガンダム、νガンダム、Zガンダム(ウェーブライダー形態)が描かれている。

概要
プレイステーション・ポータブルで発売された『ガンダムバトルタクティクス』を始めとするガンダムバトルシリーズ制作スタッフによる初の3DS用アクションシューティングゲーム。ガンダムバトルシリーズから機体のポリゴンモデルやキャラクターイラストが数多く流用されているものの、「ガンダムバトルシリーズ」の作品だとはされていない。タッチパネルには非対応。

2010年6月15日に行われたE3ショー開催後に開発が開始され、当初は2010年末と予想されていた3DS本体と同時発売を目指して開発スケジュールが組まれた。開発期間を短縮するために『ガンダムバトルユニバース』や『ガンダムアサルトサヴァイブ』に搭載されていた4人対戦や協力プレイモードは導入が見送られ、1人プレイのみとなった。その代わり「すれちがい通信」機能が搭載され、他のプレイヤーの育成したMSのデータを受け取り、疑似対戦することができる。

ゲーム内容はオリジナルパイロットを作成し、『機動戦士ガンダム』劇場版三部作、『Zガンダム』劇場版三部作、『逆襲のシャア』を題材にしたミッションをクリアして行くというもの。また、『ガンダムUC』からもユニコーンガンダムとシナンジュの2体のMSがゲスト参戦する。登場MSが少ないため、陸戦型ガンダムやG-3ガンダムといったOVAやMSV発のMSも一部登場するが、これらもゲスト参戦であり、キャンペーンミッションやキャラクターは用意されていない。
ガンダム ザ・スリーディーバトル
3DSソフト
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ




mixiチェック

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ガンダム ザ・スリーディーバトル. (2011, September 3). In Wikipedia. Retrieved September 13, 2011, from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0_%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AB&oldid=39054446
ブログパーツ